パパ・ママ
せんせい
きっず


HOME




アドバイザースタッフに聞きたい!

これまでのQandA
カラダのこと 1〜2歳児
体が小さいので心配
初めまして、2歳4ヶ月の息子の事でお聞きします。

8月に2歳4ヶ月になったのですが、周りの同じ月齢の子に比べると、とても小さいので心配しています。
2,820gで産まれ、一時期はぐんぐん体重も増えていたのですが、離乳食を始めた頃から体重の増えが悪く、1歳の頃で7kgでした。
現在で身長78cm、体重が10kgしかありません。お洋服は80cmで、靴のサイズは14cmです。
食事の量は、ご飯もこども用お茶碗におかわりしますし、おかずもたくさん食べます。
特に、好き嫌いもなく、納豆や豆腐などのたんぱく質も大好きで、おからや白和えなどを好んで食べていますし、ご飯やお芋もたくさん食べます。
海藻類なども好きで、よく食べています。

間食をさせると、食事の量が減って逆効果なので、3食だけにしていますが、ここ半年ぐらいは体重が増えていません。
身長は、少しは伸びているみたいですが、やはり標準より小さめです。
ただ、毎日落ち着きが無いぐらいに動き回っているので、そのせいかとも思うのですが、心配です。

小児科などでは、特に何も言われた事は無かったので、大丈夫なのかとも思うのですが、細い腕やあばらなどを見ていると、不安になることもあります。
ただ、毎日笑顔で走り回ってる姿を見てると、それだけが救いなのですが。

何か、食事に気をつけた方がいいのか、それとも様子を見た方がいいのか分かりません。
周りのお母さんたちに「小さすぎるんじゃない?」と言われる度に、どうしてあげればいいのか悩んでしまうので、何かアドバイスを頂ければと思います。
宜しくお願いします。

「一日の食事例」
朝…調理パン1個、牛乳、バナナ半分、ヨーグルト1個

昼…ミートスパゲッティ(100g)、グリーンサラダ、かぼちゃのポタージュ

夜…ご飯2膳、わかめの味噌汁、鳥の唐揚、焼き魚、おから、ホウレンソウのソテー

(ゆうか さん)


ゆうかさん、はじめまして。管理栄養士の秋山と申します。
お返事が遅くなってしまい、すみません。

お子さんが毎日笑顔で過ごされているご様子が伺えますね。好き嫌いなくご飯を美味しく食べられていることが何より嬉しいお言葉でしたよ。海藻やおからを食べさせていらっしゃるところが、私には嬉しいポイントでした。

よく遊び、よくご飯を食べるにもかかわらずやや細いところが気になるとのことですね。お便りに記されているお子さんの身長、体重から見ると、標準よりやや小さめのようですが、元気に過ごし食欲もあるのなら、今のままで心配は要らないかと思いますよ。“痩せの大食い”タイプで痩せ気味のお子さんは、ご両親の体型遺伝が多いようですよ。ゆうかさんとパパはいかがですか?

2歳児の一日の栄養所要量はエネルギーが1050〜1200kcal、たん白質35gとなっています。
分量は概算ですが、ゆうかさんが記して下さった食事記録から推測して、摂取エネルギーとたんぱく質を計算してみました。

朝食:(調理パン1個、牛乳200ccとして)520kcalくらい、たんぱく質17gくらい
昼食:(パスタ60g、ミートソース40gとして)500kcalくらい、たんぱく質20gくらい
夕食:(からあげ2個、魚40g位として)450kcalくらい、たんぱく質24gくらい

合計すると、一日で約1470kcal、たんぱく質61gくらいとなります。
(あくまでも概算ですので、実際は見積もりより前後するかと思います)

毎日これくらいきちんと召し上がっているようならば、不足ということは考えにくいように見受けられます。中でも大豆製品は毎日取るようにすると、たんぱく質とカルシウムの両方をバランスよく摂取できますよ。
ひとつ欲を言うならば、調理パンは油脂類が多いのでエネルギーは見た目多くなりますが、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが少なくなりがちですし、添加物も心配なところです。そのため、上記では夕食より朝食のほうがエネルギーは高いのですが、たんぱく質が少なくなります。
そこで、調理パンの回数を減らして、巣ごもり卵や野菜とハムの具だくさんスープなどと食パンやロールパンなど調理されていないパンを食べられると油脂が抑えられるのでバランスが良くなります。

おやつを食べると食が細くなる、とのことですが、お子さんの様子はいかがですか?
夕食が他の食事の量に比べてかなり多いように見受けられます。もしかしたらかなりお腹が空いているのではないでしょうか。
子供のお腹は一度に入る容量が少なく、消化も早いため、おやつ(間食)があると必要な栄養量がより補給しやすくなります。また、おやつは楽しみでもありますから、心の栄養にも繋がります。記されているくらい毎日しっかり召し上がれているようならば問題ありませんが、活動状況やお子さんの様子に合わせて、昼食〜夕食の間にフルーツヨーグルトや小さいおにぎりとカップ納豆、キャベツと小海老入りの小さいお焼きなど、夕食に影響しない程度のちょっとした間食を増やしてみてもよいかもしれませんね。量を加減し、油が少なめ、というのが消化をよくするためのポイントです。
おやつのタイミングは各食事時間から3時間くらい空けられるとよいでしょう。

成長期のお子さんに大事なのは夕食のようなご飯をしっかり食べることと、いっぱい遊んで体力をつけること、そして寝ることです。食べることと同時に、沢山遊ばせてあげて下さい。身体を動かせばそれだけ栄養が必要になり、吸収も高まります。また身体もホルモンの分泌に合わせて自然と成長していきます。成長ホルモンは寝ている時に分泌されるので、夜は10時頃までに眠れる環境が整えられるといいですね。
まずは焦らず、今までと同じようにしっかりとご飯をたべさせてあげてくださいね。

成長時期は人さまざまです。小さい頃は大きかったのにその後はあまり成長しなかった人、小さかったのに中学〜高校になって突然大きくなった人。お友達や知り合いの方にいませんか?私は普通に産まれ、良く食べた(と思いますが両親は少ないと言います(笑))わりに小さく育ったので身長はちびっこですが、健康で笑顔が一番だと思っています。

ゆうかさんとお子さんが笑顔いっぱいで健やかに過ごせるよう、毎日美味しくご飯を食べられますよう、応援しています。また何かあったらご相談くださいね。

(アドバイザー:秋山ゆか)




前のページに戻る


(C) 2001-2021 System Proceed Corporation. All Rights Reserved.
- このサイトへのリンクはフリーです。
Produced by Systemproceed